« 第十話:高速道路のサービスエリア | トップページ |  第十二話:駄菓子屋のクジと過剰なサービス »

2012年3月 2日 (金)

第十一話:限定四食の秘密

 もう、かれこれ20年は通っているなじみの店があります。蕎麦屋なのですが、店主が日本酒が大好きで、日本酒を楽しむ会を毎月やっています。日本酒を楽しむ会は会費を払って、あとは、ずらりと並んだ一升瓶から、好きな酒を好きなだけ飲むという会なのです。Sake 日本酒好きの人にはたまらない銘柄、普段なかなか手に入らない酒など沢山出るので、一度参加したらハマってしまう人が多いのです。それに、常連ばかりが集まる会なので、20年もやっていると、常連さん同士、顔見知りになり、毎月、その場でしか会わない友達が沢山います。

 私などは店主と酒蔵めぐりの旅行にいったり、日本酒のイベントに参加したりと、日本酒を楽しむ会以外でも楽しませてもらっています。

 私などは、なじみの客ですから、もう我が家のようなもので、いくと、店主が、

「ビール飲なら冷蔵庫から適当に出して飲んでいいよ」

ってなもんで、勝手にやらせてもらったりします。

先日などは客が多くて忙しすぎて、私はしばらく放置されてしまい、ビールと日本酒だけで1時間過ごしました(笑)。その間、つまみもなにも一切なく(笑)。

さすがに、1時間も酒だけ飲んでたら、つまみが欲しくなり、まわりの数人と

「そろそろつまみが欲しいなあ、こりゃあ、手伝わないとダメかな」

と、笑いながら相談してました。

まあ、だいたい日本酒を楽しむ会といっても、途中からは店主が一緒になって飲む会なんですから、時々、客が店を手伝ったりしてます。

蕎麦屋なので、最後のシメに蕎麦を出してくれるんですが、蕎麦が出るころには、みんな相当に出来上がっていますので、

「ねえ、マスター(店主はなぜかそう呼ばれている)、そろそろ蕎麦が食べたいなあ」

と誰かが言うのを合図に、店主が重い腰を上げて蕎麦を作り始めます。この蕎麦がまた、美味いんだ。とても酔っぱらった店主が作ったものとは思えない(笑)。

 しばらく前から、壁に

「イベリコ豚 肉せいろ はじめました 限定四食」

 と、貼りだしてあるのが気になっていました。Gentei_2 そういえば、メニューにない幻のメニューというのがいくつかありました。なじみの客がお願いすると作ってくれたりするんですが、これが、メチャクチャ美味かったりするんです。まあでも、なんか、最近はめんどくさがってなかなか作ってくれませんが。

 それにしても、この限定四食が気になります。さぞや手間がかかるのに違いありません。手間がかかるってことは、そりゃあ美味しいにきまっている。そう思うことでしょう。

 でも、四食ってなんか中途半端だよね~。なんで四食なんだろう?店主にきいてみたところ、

「だってさ~、イベリコ豚が四個入りパックなんだもん」

あはは、4個入りパックで売ってるイベリコ豚を入れてるだけってか(笑)。さらに、

「だってさ~、8個にしたら売れ残っちゃうかもしれないじゃん」

あはは(笑)。結局、あちこちで見かける「限定○食」ってのは、案外そんな理由なのかもね(笑)

« 第十話:高速道路のサービスエリア | トップページ |  第十二話:駄菓子屋のクジと過剰なサービス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583657/54125751

この記事へのトラックバック一覧です: 第十一話:限定四食の秘密:

« 第十話:高速道路のサービスエリア | トップページ |  第十二話:駄菓子屋のクジと過剰なサービス »